この記事を共有する お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

電子機器とアプリ

このサイトでは主に、アプリという言葉やキーワードに着目して携帯電話などに搭載されている様々な種類のアプリやパソコンなどで活用する様々な種類のアプリケーションについて様々な物事のピックアップやピックアップされた物事や出来事についてより具体的な検証の記述を施してみたいと思います。
まず、ここまで簡単に確認してみたように、アプリやアプリケーションという存在は、携帯電話やパソコンなどの電子機器関係によく聞く言葉です。
パソコンや携帯電話の発展や普及からイメージされる物事は昨今のIT社会や情報化社会としての発展が頭の中に思い浮かびます。
それでは、携帯電話やパソコンという存在は情報化社会という時代背景にどのように結びついていくのでしょうか?
確認してみたいと思います。
最初に携帯電話と情報化社会について比較の検証を施してみたいと思います。
現在、携帯電話を使って実行できる物事は星の数ほどあります。
携帯電話における「様々な物事や出来事」というカテゴリーには、先程も記述したアプリという存在が浮かび上がってきます。
例えば、ある専用のアプリを使って特定の地域の天気予報を常にチェックすることも可能です。
また、天気や天気予報と同じように地下鉄などの時刻表を携帯電話や専用アプリを活用してリアルタイムで確認することができます。
携帯電話を使って「天気を知る」「時刻表を知る」という物事や日常の出来事は「情報を知る」という分野やカテゴリーの概念になります。
「情報を知る」すなわち「情報化社会の出来事や物事」と言い換えることが出来るでしょう。
しかし、携帯電話という存在が世の中に出始めた当初から現在のような多種多様かつ便利な機能やアプリが搭載されていた訳ではありません。
それでは、携帯電話が世の中に普及し始めた頃の話と情報化社会との関係はどのように結びついていくのでしょうか?
この項目における残りの文字数が少なくなってしまいましたので、続きの内容は次項以降に記述してみたいと思います。
ネット会議はエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(webconnectミーティングセンタ)。NTTコミュニケーションズ が提供する、離れた拠点でのリアルタイム会議システム
検索

ウェブ全体から検索
このサイト内を検索
Copyright (C)2014なるほど!携帯の歴史とアプリの関係.All rights reserved.